「体操についての自己指針」

 呼吸に伴う、身体や意識の「脱力」と「伸展」の感覚

 身体を拘束する「思い込み」や「意識」の発見

 「不用な緊張」の解除や「関節」の開放

 身体の各部位の「独立性」と「再認識」

 関節を中心とした「相対バランス」の感覚と協調(カックン連動)

 関節や要所にある「隔壁(膜)的部位」の発見と呼吸との関係、連動

 (足・体幹) 足底腱膜と足芯⇔膝窩(ひかがみ)⇔骨盤底筋⇔横隔膜⇔声帯⇔硬膜

 (手指) 下半身⇔横隔膜⇔声帯⇔硬膜
                 ⇕
            腋窩(腋下筋群)⇔肘窩⇔手首⇔労宮⇔指眼

 (全体) 六方円・六面(膜)力
       天⇔人⇔地(三才)

 全身にある「クレニオセイクラルリズム」の視点

 身体の機能的再統合(身勢の構築)

 今、「足底腱膜(足の内)」や「労宮(手の内)」と「肚」の関係が面白いです。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-04-24 00:00