「呼吸と身勢」

 N田

  課題はここをこうしたら繋がるということを勉強したいです

 H多

  ご指摘いただいて、自然に呼吸できるようにさぐっていますが、少し呼吸が入るように
 なったと思います。
  そこから体操などうごこうとしたときにガチガチになってしまい、また呼吸にあわせよう
 とすると無理にすってしまいます。
  自然にはいる呼吸にあわせてうごけるとっかかりを教えいただきたいです。

 SR

  相手に手首を掴まれたときの最低保障のとき、どうしても固めてしまいます。

 KM

  剣でも、施術でも腹とのつながりというところが今の課題です。

 OA

  私は、先日、剣術を通して伝えて頂いた、撓みと背骨の張りを意識して練習に取り組
 んでいます。
  体幹が斜めを向いた位置では、そうした感覚が実感しにくいため、改善する手掛かり
 を頂けると有り難いです。

 K元

  今月の課題は正面、青岸、水車勢と立体的な軸の使い分けが必要だと感じて練習を
 行っています。
  その際の股関節の角度で方向が定まると楽に感じるのですが、まだまだ上手く行きま
 せん。

 ZK(山科教室にて解説予定)

  前回、ヒントを頂いた後ろ体重の改善ですが、自分では少しづつ変化をしているような
 気がしております。
  鼠径部の深みや寄せを意識することによって、接点、支点、力点、作用点と言うことに
 意識が行くようになりました。
  以前は、接点と作用点には、有る程度意識を持っていたのですが、支点と力点には、
 余り意識が行っていませんでした。
  たまたま、体が整っている日は支点力点も上手く一致しており自然と良い感じで施術
 ができていたのでしょうか?
  施術にムラが有る要因の一つがわかってきたように思います。

 ⇑ 以上。

 上記の加え、午前中の内容を受け、

 N田・H多・SRさんのテーマを前半、KM・OA・K元さんのテーマを後半、

 として進行しました。

 前半

 ・ 「緩和」の為の「保障(緊張・緩みを取る)」を感じる。

 ・ 「保障」のセッティングと「呼吸」

 ・ 「呼吸」による「緊張と緩和」と「センタリング」

 ・ 「呼吸運動」

 後半

 ・ 剣術における「保障」と「五首」

 ・ 「身勢の構造」⇔「ベクトル」と「交流(作用・反作用)」

 ・ 「身勢」の「位相・展開」と「分け目・搦」、「緩みを取り続ける」

 ・ 「一刀と二刀」、「太刀と脇差」

 ・ 「輪の太刀」と「八卦大刀二刀剣」
 

***********************************************************

 (参考)
  「躰中剣」
  「身勢と五首」
  「交流する身勢」
  骨盤・肋骨・手首の締まりと刃筋。

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-03-24 00:00