「ハ・セ・セ」

 今日の研究会は、皆さんのご質問や互助会の内容、

 観照塾での歩法の「纏め」を意識した内容に取り組んでみました。

 今の時点で、私が大切に想うポイントを幾つかお話しましたが、 

 そのベースに「大転子を寄せる」と言う「大基本」を設定し、

 「何故、それが大切なのか?」感じて頂けるよう意識しました。

 私にとっては、紆余曲折、長年掛って取り組んだことの纏めでもあり、

 「剣を大切にしている」意味があります。

 この基礎を丁寧に取り組み、積み重ねる事で、

 各位が取り組む、様々なポイントの「要」となると思います。

 その「凡例」や「ヒント」として頂ければ幸いです。

 ちなみに、ヘルニアの私が「大転子を寄せ、恥骨を挟む」場合、

 先ず「大転子」⇔「大転子内」⇔「恥骨外」⇔「恥骨内」⇔「恥骨結合」と

 4段階(⇔)の絞りを意識して挟む所から始めます。

 これを「恥骨」だけでなく、「ハ・セ・セ」各所、後、3つ同時に行います。

 それで、骨盤全体が協調し、統合した動きが出た段階で、

 「ロッキングチェア」や「骨盤時計」、「剣の振り降ろし」に必要な、

 丁寧に緩みを取り、刻々と芯を取り続ける「多段階」へと意識をシフトさせます。

 これが活歩で動的に行われるのが「歩法練習」で、

 個人的に、期間を決め、集中的に取り組まないとなかなか難しいです。

 仲間と負荷を掛け合い、チェックしながらの相対練習をおススメします。

 今日、ご紹介した「鉄球運び」や「ボックス」、「後ろ歩き」等に取り組んでみて下さい。

 不明な点は気軽にご質問を。

 来月から取り組む「剣」は、その延長上にあります。

 ご準備下さい。
 

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-01-27 00:00 | バランス運動療法・調整法