「自己観照の鏡」

 大体、自分の気にしている所に、他人の関心はありません。

 逆に、自分も気付いていない自分の変化や核心に、他人は敏感だったりします。

 また、人を変えることは土台無理な話ですが、

 自分が変わる事で、周囲が変化することは多々あります。

 とすると、他人は「自分を写す鏡」

 そんな鏡と自分自身を良く観照しつつ、

 自分をより良く変えて行くことが、

 自他共栄(互助、Winwin)の道にも繋がると思います。


***********************************************************

 当たり前のことですが、

 身体だけでなく、

 心や意識、思いの働きや有り様を良く観察し、

 出来うる限り、

 治療は、安心、安楽で、愉しくありたいと思います。

 ちょっと笑うだけでも、息詰まった呼吸が取り戻せたりします。

 心が愉しく動く時、身体も愉しく動きます。

 心や意識が動き、その方向が変わると、身体のバランスも変化します。

 身体のバランスの変化は、潜在意識の扉を開きます。

 潜在意識は、身体と心の深いところに語りかけて来ます。

 そこで、ふと思い違いに気付くと、自分を取り巻く世界が変わります。

 それが感動的であったり、面白くあったりします。

 それを患者さんや会員さんと愉しみたいと思っています。


***********************************************************

 「分け目」と「搦」が少しずつ、感じられる様になって来ました。

 大体、これがなければ「呼吸」も「脱力」もキッチリ出来ませんでした。

 何回目か?分かりませんが、また、一から検証し直しです。

 でも、愉しく思います。

 先生の作られた錬功法には、随所に、その要素が加えられています。

 しかし、自分で作ったものではないので、

 その意味と工夫、意図するところをじっくり味わい尽くす必要があります。

 でも、それだけでは足りません。

 個性や体格、経験や知識、ポテンシャル、得意不得意、目標・目的など...

 作者である先生と私に相違点があるからです。

 どこまでも、自分用にカスタマイズした錬功法を作る必要があります。

 また、そんな「自分の工夫」も越える必要があります。

 幸い、自分でセミナーを開いたり、難波教室で勉強させて頂いたり、

 毎回、患者さんと接する中で、それが良く分かりました。

 至極、当たり前ですが、おひとりおひとり違うので、

 私の工夫は人と状況により変化させる必要があります。

 むしろ、その工夫だけでは足りないことも多いと思います。

 そんな時、「閃く」様、意識し、用意しておくことが大切だ気付きました。

 皆さんのお陰で、日々、ありがたく、愉しく過ごさせて頂いております。


***********************************************************

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-10-09 00:00 | バランス運動療法・調整法