「共通原理」

 佐川先生語録を「施術」に読み替えてみました⇓。

 動いているから強いんですよ。止まっていたら弱い。体の力を全く抜いているから(患
者さん)
弱点(愁訴・患部)がすぐ分かるのです。敵の力に逆らわない。

 本当に必要な瞬間に集中力を使うだけで、あとは全く力を入れていない。腕力がいくらあ
ったって、このようにポンポン投げ飛ばす(身体を緩めたり、治療する)ことはできない。
合気があるからだ。力じゃないということです。

***********************************************************

 合気は集中力とか、透明な力というような、いわゆる力とは違うものである。合気は
(患者さん)
(力み・歪み・強張り)を抜いてしまう技術だからである。そのうえくっつけて離れないように(バランス良く、全身を繋げて)もしてしまうのだから大変なことである。

***********************************************************

 私の合気(施術)は外からいくら見ても分からない。内部の働きで相手の(力み)を抜いてしまい、形にはあらわれないからね、今では体中のどこをもたれて(使って)(患者さん)の力を抜いてしまう。もとは簡単な原理から出発しているのだが誰も気づかない。それに気づいたかどうかは合気あげ(呼吸力)をみれば分かる。

***********************************************************

 (呼吸力)を鍛え続けると、体が変わってきて新しい考えが出てくる。

***********************************************************

 (呼吸を用い)一本になって出る。手を張り肩の力を抜く。それは非常に難しいことである
が、これを乗り越えなければならぬ。わしらもこれを乗り越えてきたのだ。

 技巧で上げる以前に、まず(自分の呼吸で)(患者さん)圧倒(施術)して出て行くことを覚える。これで上体と腰の連絡がしっかりする。つまり上げ手は体を作る鍛錬技と考えてよい。

***********************************************************

 相手の力(力みや固まり)を受けず力の入らないようにして攻める(施術する)のが合気である。ただ力を抜くだけではなく、くっ付け(自在に繋がれる様で)なければならない。

***********************************************************

 合気(呼吸力)が分かってから本当の修行が始まるのだ。長い間の持続した鍛錬と研究の結果、少しずつできるようになってくるものだ。


***********************************************************

 そっくりそのまま、学びの纏めとなりました。

***********************************************************

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-09-17 00:00 | バランス運動療法・調整法