「プレ基礎編」

 観照塾では代行リレーの2/3が終了しました。

 今年の秋から冬に掛け、互助会や呼吸法セミナーでは新人さんがご参加の予定です。

 私は、自分の興味あるテーマに集中するかたわら、

 目下、「各教室」を始め、「治療」や「運動処方」での「ベース」や「取り組み」、

 その為の「自分づくり」に没頭中。

 今後の目標や夢に向け、「私のプレ基礎編」に取り組んでいます。

 以下は、その指針です。 ⇓

 ● 「自分の”今やっていること”を良く観察する」

   私達が抱える愁訴や悩みの裏に、自分の「当たり前(常識)」や「習慣」があります。

   そんな「当たり前」や「習慣」を疑い、自分の今をじっくり観察します。

   自分の今やっていることが見えてくれば、「やるべきこと」や「工夫」が観えて来ます。

 ● 「自分の見方・捉え方から学び、工夫して行く」

   自分の「当たり前」を観察し、外すには、「当たり前の外」に出なくてはなりません。

   それには、自分を観る「着眼点」や「観察の仕方」などを工夫する必要があります。

   この「工夫」を続け、「習慣」にすると、自分を「多角的に見る習慣・感性」が養われ、

   「自身の今」のみならず、それを「取り巻く状況」や「改善策」が観えて来ます。

 ● 常に「改善」をして行く。

   改善の方法は「単純順列組み合わせ」の他、「人の数」や「工夫の数」、

   「向上(と共に出来ること、観えること、工夫が変化)」と共に無限あります。

   「百尺竿頭進一歩」 ⇒ 常に、工夫・向上を目指します。

   「改善」に年齢(加齢)や性別、経歴などは関係ありません。

 ● 「呼吸」で、自分を内側から「観察」、「改善」、「向上」させる。

   「呼吸」は「生命維持」に不可欠な人体活動です。

   「呼吸の状態」が「身体」や「精神」の「有り様」を映し、

   その「日常」や「生き方」にまで影響して行きます。

   生きている以上、「呼吸」は不随意運動で、完全に止めることは出来ません。

   しかし、「自らの意思」でコントロール出来ます。

   従って「呼吸の改善」は、「健康」や「日常生活」の「改善」にも繋がります。

   そして、「呼吸」は人に変わって貰うことが出来ません。

   この呼吸をもって、自分を内側から「観察」、「改善」、「向上」させます。

***********************************************************

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-08-29 00:00