「マッハの壁」

 「マッハ(若しくは、音)の壁」をご存じでしょうか?

 通常、飛行機が航行する際、

 周囲の空気は機体の前方へ波状に、「音速」で押し出されます。

 ところが、機体が「音速」に達すると、

 前方の空気の波が行き場所を失い、次々と圧縮されて層をなし、

 あたかも「壁」の様に機体の行く手を阻みます。

 この時、機体に急激な振動が起こり、制御不能、墜落となります。

 これをして、戦前「空には壁がある」と恐れられていたのだそうです。

 その一方、「壁を超えたい」と言う取り組みも起こりました。

  空気の層に「耐えられる」 ⇒ 新しいフォルムや駆動セオリーの模索
                     機体素材の開発
                     操縦士の気力・体力・技能訓練

  空気の層を「突き破る」  ⇒ エンジンの開発

 様々な困難の中、「挑戦する気持ち」と「勇気」の元、これらは今日、達成されました。

 このお話は「ライトスタッフ」と言う映画にも出てきます。

 「ライトスタッフ(己にしかない正しい資質)」に従って...と言う題名です。

 「壁」の話は、新入社員だった頃、熟練工さんから伺いました。

 それを先月の初め、ふと想い出しました。

 ハッとしました。

 コチラは、航空機が音速を超える瞬間です。

 空気の層を超える様子や、その際の衝撃波(Sonic Boom)もバッチリ聞こえます ↓


 
***********************************************************

 (資料)
  「マッハの壁」

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-08-20 00:00 | バランス運動療法・調整法