「まにゅある・ふぉーかす」

 今週は、「体の連動とバランス」、

 「バランスの変換(立替)」、

 「動力・連動・変換と呼吸」の3つとその関係を研究中。

 具体的には、例えば、体を「丸める・反らす」、

 「縮める・伸ばす」

 「捻る」時、

 体の上下前後左右内外の連動とバランス、

 動作中のバランスの変換、

 そのあらゆる元、切っ掛けとなる呼吸の働きとその関係などを見ている。

 体の硬い自分を振返る時、

 そこに「全身の協調性の無さ」や「アンバランス」、

 「無意識・無頓着」や「誤解」を想う。

 そして、それが不調や不具合に繋がる。

 そこで、自分を振り返りながら、

 解決志向アプローチで、

 出来る所、出来る範囲、出来る工夫で

 この3つに取り組む。

 自分を「オートフォーカス(無頓着・無意識)」ではなく、「マニュアル・フォーカス」する。

 すると少しずつ、自分の実像が見え始める。

 それはいつも驚きと愉しさに満ちていて、

 何よりも心身が楽になれるひとときだ。

 とことん、自分に焦点を合わせて行く。

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「しかん」
 「うしろのしょうめん」
[PR]
by cute-qp | 2013-05-14 00:00 | バランス運動療法・調整法