「スタイルの創造」

 型稽古の愉しみ

 「型」に込められた「想い」・「意図」・「妙」の探訪。

 「型」を基準・鏡とした「落ち穂拾い(課題・弱点の洗い出し)」・「創意工夫」

 「型」と「先達の稽古」の「関係」・「意味合い」

 「型」から「自分」を引き出す。

 (参考)「無形の学び」(上泉伊勢守の言葉)

***********************************************************

 自分の稽古法を「マンネリ化」させない。

 「目的」と「面白味」のバランスをとりつつ

 微妙でも良いから、展開・発展させて行く。


***********************************************************

 挫折は練習と工夫でしか埋められない。

 (参考)「春風音楽堂 挫折から帝王へ編」

***********************************************************

 現在、「竹踏み呼吸法」と「足指」について研究中。

 地面に接し、重力と関わる最前線だから、

 足指や足首の固まり方が全身に与える影響は大きい。

 一方、その負荷やストレスの掛り易さが感覚を麻痺させる。

 「手の内」同様の面白味が、「足の内」としてある様に思う。

 「負荷と体、呼吸」と言う切り口で見ても面白い。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-07 13:00