「手の稽古」

 目下、手の稽古に励んでいる。

 面白いのは、

 こちゃこちゃやりつつ、都度、ひらめく場合と

 こつこつやっている内に感覚がボン!湧き出てくる場合があって、

 どちらも、最中、とても頭が「うにうに」すること。

 「うにうに」すると、自分の体内操作や感覚、意識、

 大げさに言えば、観える世界や発想が大きく変わっていること。

 愉しく、いろいろ発想や妄想が湧き出て来ること。

 コミュニケーション感度が上がること。

 夜、良く眠れること...などなど。

 「手の内」とは良く言ったもの。

 「神経訓練法」として、とても大切にも感じる。

 都度、オリジナルの稽古道具を作ったり、工夫したり、選択するのも愉しい。

 (参考)

 「手の内資料」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-02-24 01:00