「スタート」

 「呼吸法セミナー 長堀Ⅰ」を「呼吸法研究会」とすることにした。

 互助会が活気づいて来たり、

 参加者が治療家やスポーツのプロの指導員であったりすることもあるが、

 己が、自分なりに「呼吸法をもっともっと研究してみよう」と思ったことが大きい。

 ひと月の自分の研究や学びと皆さんの状況をベースに、

 テーマを決め、その研究発表と検証、実践する場として行きたい。

*************************************

 今日は、長堀教室のお昼休みの時間を利用し、

 K野先生の1時間に渡る全身調整を、皆さんと共に学ばせて頂いた。

 初めて、全身調整を拝見する方もいる関係で、

 微に入り細に渡った調整を解説、表現付きで拝見させて頂くことが出来た。

 一回一回、丁寧な体内操作と体内意識を働かせ、

 自身のポジショニング(センタリング)を行う。

 それが一定のバランスや方向性を持った体外運動や表現、意識として発露する時、

 その状態が、空間やクライアントさんの体へと投影、交流、同調する。

 動きのない所に動きが生まれ、

 静けさに欠ける所に収まりが生まれ、

 人の意識や体、それを取り巻くものの中に、

 ゆったりとした、淀みの無い流れが生まれる。

 心や体、自分を取り巻く流れが止まる時、

 息詰まり、愁訴や悩み、スランプなどが訪れる。

 ゆったりとした心持ち、

 どこまでも柔らかで活き活きとした呼吸、

 淀みの無い、自由な意識と体の働きをもってこれに向き合うこと。

 真っ白な状態で、改めて調整を拝見でき、

 如何に、型や細部に囚われてきたかを思い知った。

 汗だくになり、それを伝えて下さった先生に心から感謝します。

 合わせて、見学の機会を与えて下さったS先生にも感謝致します。

*************************************
 
 微調整しながらの、解説、表現

 当然、もの凄い集中力と空間の動きがあった訳で、

 見ている我らもビクンと繋がったり、ちゃっかり緩む。

 しかも、昼食と美味しいデザート付。

 すっかり、ほわほわに出来上がる。

 この空気感。

 そのままゴロンとしたい誘惑に駆られる。

 気合いを入れて、担当。

 覚悟を決めれば、何とかなる。

 特に打ち合わせした訳でもないが、

 午前の互助会の活き活きとした発表に加え、

 中入りの大ネタ。

 一日の内に、大きなテーマがリレーで展開された。

 お陰で、その為に大切なことを纏めることが出来た。

 ありがたい。

*************************************
  
 来月は、SRさんとK元君の担当。

 SRさんの「出来るかな?シリーズ」に今からワクワクする。

*************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-11-26 00:00