「体を育てる」

 最近、「合気は剣の基盤で、その修練中に体得していく技なり感覚」だと感じている。

 そこから、もう一度「剣の持ち方」を研究中。

 同時に、書も「筆の持ち方」からやり直し。

 「持つ」...とは言え、

 「指・手首・肘・肩」と言った「各部位のバランス」から、

 それぞれの「関連性(つながり)」や「相対性」

 「呼吸力」や「緊張と弛緩」など、様々な「必要十分条件」や「意味合い」がある。

 それに伴い、「練習方法」も千変万化。 

 これを個人的に探り、調べて行くのが面白い。

 途中、失敗して故障することも多々ある。

 そこを修正しつつ行くと、時として、自分の想像をも越え「体が育つ」

 「体の物理的な変化」と共に、

 「インスピレーションが降りてきたり」、

 「新たな感覚が芽生えたり」して、

 「出来なかったことが出来る様になったり」、

 「次のステップや指針、課題が見え」、

 「様々な経験や学びと繋がり」

 「心身共に成長、自分が変われることに気付く」

 これを実践を通じて検証して行く。

 患者さんや会員さんとの学びに生かして行く。

 実に面白いと思う。

 ちなみに、冒頭の仮説は「今の私」のもの。

 信用しないで頂きたい。  

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-08-12 16:00