「照顧脚下」

 ◎ 三密の練習

   こじつけかもしれないが、以下の様にイメージしてみる

   三密 ⇒ 「身密」 ⇒ 「調身」 ⇒ 「姿勢」         ⇒ 「三密の相応」
          「口密」 ⇒ 「調息」 ⇒ 「呼吸」
          「意密」 ⇒ 「調心」 ⇒ 「意識・精神の集中」

   それぞれを色々な角度で感じ、じぶんを観じながら施術をする

   「集中力」や「持続力」、「物事の見え方」、「疲れ方」や「影響の有無」が全く違う

 ◎ 「螺旋階段」の昇り方

   師匠に「書いてあるやろ」...と言われた時のために

   フェーズⅠ ⇒ なかなか読めない    ⇒ 分からなくてもすべて目を通してみる
           (じぶんを感じられない)      出来る所からしらみつぶしに始める
                               じぶんの取っ掛かりを探る

   フェーズⅡ 読むことに慣れて来る    ⇒ 創始者・著者の原点の探求・追体験
      (少しずつじぶんを感じる・きづく)     じぶんの課題のヒント、共通項を探る

   フェーズⅢ ⇒ 読める様になってくる ⇒  何度も振り返り「落ち穂拾い」
       (自己観照が日常になってくる)     分かったつもりを潰して行く
                               学びの関連・共通項など大局的に研究
                               じぶんの指針・スタイルのヒントを探る

   フェーズⅢ以降~∞ ⇒ その人なりの歩み 永遠に続く

   フェーズ外 ⇒ 見物

   ※ 「フェーズⅡ」は常にⅠを、「フェーズⅢ」は常にⅠ・Ⅱを包含
      様々な学びは様々なレベルで「同時進行」・「行ったり来たり」する

      大体「落ち穂拾い」していくと「Ⅰ」レベルの読み込みしか出来ていなかったり、
      そもそも「見物」である事柄も多い(笑)
      かなり「恥ずかしい」...が、その「恥ずかしさ」が「リセット(初心・照顧脚下)」に
      なるのだ!~と想い頑張っている(笑)

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-06-19 00:00 | バランス運動療法・調整法