「丁寧に向き合う」

 ◎ 「一期一会」

   新患さんや新しい会員さん、仲間にお会いする時、いつも身が引き締まる。

   そんな考え方、生き方、症状があるんだ...。

   おひとりおひとりの個性や世界を垣間見る。

   感心・驚嘆・反省・学びなどが入り混じり、おのれを振り返る瞬間。

   新たな面も観えて来たりする。

   定期的に通って下さる患者さん、会員さんにお会いする時も同様。

   お付き合いが深まるに連れ、新たに、浮き上がり、観えて来るものがある。

   その背後に、季節、天候、年齢など様々な状況の変化、流れもあり、

   愉しくも、都度、「真剣勝負」

   「一期一会」だ。

 ◎ 「丁寧に向き合う」

   「真剣勝負」と言えば...

   「互助会」や「観照塾」に新たな仲間が加わる兆し。

   若手諸君も3・4年目に入り、いきなり、後輩が出来てドギマギだろう。

   安穏としていられなくなる。

   でも、時期的に良いタイミングだと想う(〇方会なら「初段」を貰う時期だ)。

   16年目になったが、毎年、そのプレッシャーは重くなる。

   途中からプロになり、

   会も充実、優秀な後輩も増えた。

   だから、成長出来たとも言える。

   例えば、センスとパワーを兼ね備えた、I尻君にキチンと技を掛け続けること、

   上手くなって貰うこと。

   これは私の指標のひとつだ。

   常に、「釣り天井」に「水攻め」の気分...しかし、

   その分、観えて来た風景の感慨深さは計り知れない。

   だから、おひとりおひとり、ひとつひとつに丁寧に向き合うのだ。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-05-31 00:00