「3人会」

 「3人会」と称した「少人数勉強会」を始める。

 メンバーはその都度変わる。

 「この指止まれ」に都合がつき(日程が合い)、熱意があれば、

 ジャンル・経歴・レベル・年齢・性別は問わない。

 「課題」や「問題点」、「工夫」と「お菓子」を持ち寄っていざスタートだ。

 私は「進行」と「合いの手」、「玉拾い」役。

 なぜ、「3人会」なのか?

 「2人会」では主観的・濃密になり過ぎ、「間」や「俯瞰」、「観察」、「客観性」にかける。

 「4~6人会」ともなると場所や日程、費用の都合で、気軽に開けない。

 今までいろいろやって来て、この「3人会スタイル」にたどりつく。

 今、はやりの飲み会スタイルも「3人会」らしい。

 治療なら「モデル」、「施術者」、「検証人」

 相対稽古なら「受け」、「取り」、「観察者」

 実験なら「実験者」、「被験者」、「質問者」

 飲み会なら「ツッコミ」、「ボケ」、「聴衆」

 絶妙な役割分担が出来、これが随時入れ替わり、化学反応が起きる。

 もの凄く勉強になる。

 セミナー、互助会と共に、この「3人会」も積極的に行って行く。
b0159328_20245846.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-05-14 00:00