「お題いろいろ」

 ◎ 温圧講座

   山科セミナー前、ZKさんのご希望で「温圧施術講座」を行う。

   今までの、じぶんなりの試行錯誤をご紹介する格好の機会。

   内容は以下の通り↓

   「温圧施術総論」

   ・ 各機器、ツールの特徴と有効な使用例。
   ・ 使用における注意点や禁忌。
   ・ 一般的「温熱治療」との概念の違い。
   ・ 基本的施術の実演。
   ・ 様々な切り口、治療法への応用、組み合わせ。 など

   今、正に使っているものを振り返り、纏められたのはラッキーだった。

   「温圧施術各論」もまた別の機会に。

 ◎ 山科セミナー

   参加者のおひとりがバレーで「突き指」し、長引いているとのこと。

   セミナー前に施術。

   みれば、股関節や膝、肘、手首の使い方が悪く、指のバランスもおかしい。

   その繋がりで、突き指する位置にボールを受ける形になった。

   身体がボールの動きについて行っていない気がする。

   他、右の股関節が広がり、それを左肩を上げて支えているため、

   肩に力が入らず、上がらないとおっしゃる方も。

   正しくは、「これ以上力が入れられない」状況とみる。

   以上を受け、今月のテーマに以下の切り口を加えてみる。

   ・ 足首、膝、股関節「書道」。
   ・ 呼吸における「扇」伝授
   ・ 「扇バレー」、「あてぶり踊り」
   ・ ボールと戯れる、ボールに聞く。
   ・ 呼吸しつつ、気持ち良いバランスを取る。    など。

   突き指され方曰く

   「バレーでコーチから指摘されても出来ない、分からないことに気付いた!」

   美空ひばりさんが好きな参加者は、動いたり、バランスすると緊張する。

   想いつきで、私がひばりさんを歌いつつ、当てぶりで踊ってみる。

   イメージが出来、愉しかったのか、補助しながら動いて頂くと動きが変わり、緩む。

   踊りやってて良かった。

 ◎ 長堀Ⅱ、および補講のご感想

   先日の長堀Ⅱ教室、および補講(「道草しつつ...」)にご参加下さった、漢方鍼灸師
 KTさんからのご感想です↓

   M岡先生

    セミナーの見学をさせて頂き、ありがとうございました。

    セミナーとセミナー後に頂いたアドバイスから
    得られた気付きを以下に記載させて頂きます。

    運動の前提条件となり、その重要性を認識しておりましたが、
    ワークによって、その重要性を再認識すると共に、
    自分の足らざる点がより明確になりました。

    具体的には、
    股関節が、上下前後左右の連動性のある動きを目指すうえで、
    まず、以下の通過ポイントとなる各関節を【点】として認識すること。
    そして、実際に動きにおいて、各【点】を【線】へ繋ぐ。

    ○股関節を中心とした姿勢のからの膝⇒足首への下への繋がり、

    ○またお腹⇒ミゾオチ⇒胸骨・鎖骨⇒頚部・肩・肘への上への繋がり

    ○左右の連動(立て替え動作)において、股関節⇒胸鎖関節へ、
     同じ幅で上下の連動性を同時進行で行う。

    これらの【線】への認識が深まり、前後まで認識が及ぶと、
    次は動きに立体感が出てくる。

    ○上下の繋がるなかで、
     足首⇒膝⇒股関節⇒丹田⇒命門⇒ミゾオチ⇒背中⇒鋤メ中⇒大椎
     への前後のZ状の連動性とバランス

     これらのことを、歩く・立つ・座る・寝る・腕を挙上するという
     日常的な動作の中から確認できたので、
     まさに行住坐臥というものを身体・体験を通じて認識させて頂きました。

     そして、本日、自分にとって最大の収穫となったのは、
     鍼灸治療において最も大切である、労宮(手のひらの中心)の感覚を高めるため
     の課題を明確にして頂いたことです。

     具体的には、

     労宮が感覚の中心となるための手の形はどうか、
     ⇒その形になるために上腕・前腕において力の抜く部位、反対に利くべき部位は
       どこか⇒その力の加減になるために、結局は、股関節が利いていること

     といった条件を満たすことが必要であること。

     そして、これらの条件を満たすための稽古の一つとして、
     現段階の私にとって、労宮で包み込むようにボールを握る稽古が大切であること。

     この様なことを、私の姿勢や身体の使い方を丁寧に観察したうえで、
     現時点における私の問題点を明確に示し、そしてそれをクリアするための稽古法
     を具体的に提案して頂けたのが、大変有り難かったです。

     運動やリハビリにおいてお悩みがある方は、一度、M岡先生のワーク・セミナーを
     受けてみてはいかがでしょうか。きっと、その方の専門性・個性を考慮したうえで、
     ”今”の問題点・必要な課題を分かりやすく丁寧にアドバイスして頂けるかと思い
     ます。

     最後に、今後とも、身体運動におけるご指導をよろしくお願い致します。

     漢方鍼灸師 KT

 ↑以上。

  最近、プロ・アマ問わず、色々なお題を頂く。

  勉強になるし、何より面白い。

  人間って深いな~。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-04-26 00:00 | バランス運動療法・調整法