「呼吸の3要素」

 ◎ 「呼吸の条件と3要素」

    「呼吸」と「必要十分条件」を繋ぐ3要素。

     「寄せる」・「浮かす」・「上げる」
     「寄せる」・「上げる」・「浮かす」
     「上げる」・「寄せる」・「浮かす」
     「上げる」・「浮かす」・「寄せる」
     「浮かす」・「上げる」・「寄せる」
     「浮かす」・「寄せる」・「上げる」 を検証してみる。

    体の状態と3要素

     膝の力みやつっぱり
     腿の使い方と緊張
     肘・肩の使い方    など、呼吸で検証して行く。  

 ◎ 呼吸でじぶんを観じて行く

    「呼吸」はじぶんでしか出来ない
    「呼吸」は止められない       ⇒「生命の根本」⇒「じぶんでしか観じ得ない」

    「呼吸」の出入りから
      ⇒体の力み(吸うと固まる・吐くと固まる)
      ⇒アンバランス
      ⇒じぶんを「感じられない」・「感じていない」   ことに気付く。

    じぶんの常識の外に出るために、「やった事のない動き」を「呼吸」で行う。

    出来ない動き≠「分からない」
             ⇒やったことがないだけ⇒感覚・要領が分からない。

    呼吸による、丁寧な自己チェックを日常習慣にする。

 ◎ 型とは何ぞや?

    「型」は「発想」の発露。
    学び、見据える所はその「発想」⇒そこを「自己再現」するために「型」がある。
    「型」を守り、破り、離れる。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-03-08 00:00 | バランス運動療法・調整法