「自己誘導」⇔「誘導」

 ◎ 「自己誘導」⇔「誘導」

    第三者の考えや行動は計り知れない ⇒ それ以上に、じぶんは「死角」

    どれだけ ⇒ じぶんを「客観的」に見て行けるか?
             様々な「切り口」をもって、じぶんにアプローチ出来るか?
             「行動」・「改善」していけるか?                 など

    そこで、「呼吸」を通じ ⇒ じぶんの「今」を感じる。
                     じぶんの「見方」を工夫する。
                     「自己管理の大切さ」を感じて行く。
                     じぶんの「可能性」を広げる。     など

   先ずは「隗より始めよ」

   じぶんなりの ⇒ 「誘導スタンス、技術、味」を作り上げる。
   じぶん自身の   「引き出」しを増やして行く。
               「より良く」を継続し、「世界観」を広げる。

   「誘導」⇒「相対練磨」⇒「互いの向上と健康を愉しむ」
         「呼吸」、「緊張」、「意識」を観察、イメージし ⇒ ・ヒント出す
                                        (連想ゲーム)。
                                       ・「意識」と「呼吸」をちょっと
                                        ズラす。
                                       ・「カスタマイズ」する。
                                       ・「意欲」と「興味」を
                                        引き出す。
                                       ・互いに「フィードバック」

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-02-27 00:00 | バランス運動療法・調整法