「基礎2周目」

 不思議なご縁で始めた龍笛。

 純粋に興味があったことに加え、

 呼吸法の「ひとり相対稽古」として役に立っている。

 昨年を振り返る。

 春から夏 「リラックスしつつ、呼吸の臨界点を上げ続ける」

 夏から秋 「プロ用本管で安定した呼吸を行う」

 秋から冬 「臨界を上げつつ、余裕を緩急や付け、越し、引き、音色とする」

 11カ月が経ち、主要50曲を開いた。

 「開く」とは「初演(初体験)」の意で、その程度。

 しかも、早くこなして行くことが良い事とも想わない。

 でも、「及第点」を頂けないと先に進めない。

 日々、体を作り、

 次に学ぶ曲を自分なりに十分、予習。

 参考になりそうな音源や教材を探し、研究も行う。

 そして、毎回、先生が「墨を入れるだけ」の状態を心掛ける。

 また、墨が入った所は、少しでも改善させ、次の課題曲に反映させた。

 それが何より愉しかったから。

 そのせいか?

 どんどん先生の要求が高くなり、

 一回に2,3曲課題を与えられることもあった。

 常に、あっぷあっぷ。

 通常学ぶ3,4年分の量...当然だ。

 でも、1年で随分と「基礎体力」がついた。

 2月から50曲の2周目に入る。

 まだまだ、「表現」になっていない。

 プロ用本管のポテンシャルの高さがどんどん見え、そこを使いきれていない。

 治療や実生活に応用できそうなポイントが増えて来る。

 今度は、腰を据え、ゆっくり、深く、丁寧に学ぶ。

 3年目に水平飛行に入れる高度まで、基礎を持って行く。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-01-31 00:00 | バランス運動療法・調整法