「愉しく歩こう」

 何気ない、ひとつひとつを丁寧に比較して行く。

 すると、ひとつひとつ、じぶんがハッキリ見えて来る。

 そうして、浮き上がってきたものを、

 「面白そう!」や「不思議?」、「じぶんの長所」...なんて切り口から見て行く。

 すると、次の一歩が少しずつ見え、何より愉しい。

 「原因」や「短所」にまともに直面すると、「そそり立つ壁」に見える。

 「長所を少し伸ばしてみる」

 より上手になって、「短所も小さく」なって行くかもしれない。

 興味を持った点を「ダジャレ」、「しりとり」、「掛詞」、「共通性」で繋いで行く。

 視野が広く、高くなり、新たに見えてくるものがあるかもしれない。

 心と体の力を抜き、出来るだけ愉しく、

 壁(問題)をちょっとずらしたり、かいくぐって、本道へと繋げる。

 じぶん自身や患者さんとの毎日でそう学ぶ。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-01-25 00:00 | バランス運動療法・調整法