「能楽にみるヒント」

 「野村萬斎 What is 狂言」より引用・掲載↓

 狂言は裸舞台で演じられ、「素手の芸」とも呼ばれます。つまり演者の身体・声でいかに
空間・時間を支配するか、集中力を結集させるかが大切で、その究極の姿勢がぶ”構エ”
です。

 肉体をオブジエ化させて、そこに立つだけで観客の目を集め、存在感を示します。

 能・狂言は、動かないから面白くないとよくいわれますが、舞台で隙なく立つ、というのは
、力を抜いて止まっているのではなく、前後左右のベクトルのバランスをとりながら、緊張
して、エネルギーを集中させているのです。

 その場にSTOPしているのではなく、STAYしている状態です。

 狂言では常に腰のポイントを下に保ち、丹田(臍の下の下腹部にあたるところ)に精神
を集中して立ちます。この構エで早く動くと、どうしても腰が上がって来てしまいますので
、常に腰を沈めて重心を下に保つように努力します。また、緊張感を持続させるために身
体を前傾させて負荷をかけます。
b0159328_23225470.jpg

 これはよく使われる「腰を入れる」という言葉を具体化した姿勢で、農耕文化から来た日
本の伝統的ポーズなのでしょう。逆に西洋では骨盤を上に向けて立つことが基本的な演
技で「上へ上へ」という意識で動きます。あるバレエダンサーは「僕らは腰を上に向けて立
つんだよ」と言っていました。

 「ようこそ能の世界へ―観世銕之亟 能がたり 」観世 銕之亟 より引用・掲載↓

 よく日本の芸能では、「腰を入れる」という言葉を使うんですね。お相撲なんかもそうです
けれど、腰を入れるっていうのは、重心を下げる、という意昧合いになるのですが、でも、た
だ下げただけでは腰が落ちてしまう。私が長年やらせていただいて感じるのは、そうではなく
て、重心を下げる一方で、ヒップアップするという関係が必要なのです。

 たとえばファッションモデルなんかの場合ですと、美しく歩くためにはヒップアップがきち
んとできていないとダメだそうですが、能においてもそのヒップアップは非常に大切なことな
んです。つまりアップするっていうことは、腰を吊り上げてしまうわけです。バランスのいい
構えというのは、大地から引っ張られる力と、天に向かって引き上げられる力とが
拮抗することですから、うまい方っていうのは、決して腰が落っこちていないんですよ。

 (中略)

 からだの扱いで、私が兄貴(観世寿夫)なんかとよく話していたことは、「アクセルを踏み
ながらブレーキを踏む」という状態、立ったときに、そういう関係をからだの内につくらな
いといけないということなのです。それをやると、均衡がとれた能の立ち方になるんです。

 それは、世界宇宙のなかに立って、前後左右から無限に引っ張られているなかに、
拮抗して立っている存在感。その緊張感があるからこそ、精一杯の力を発することが
できる、ただ立っているだけではダメなのです。

 立つことのなかに、アクセルを踏めば時速百キロはでるというスピード感を自分にかけ
ておいて、しかも、ブレーキを踏んで止まっている状態です。独楽がいっぱいに回って
いるときには、まるで静止しているように見える状態と似ていますね。だから緊張が弱く
なると、回転かぶれて止まってしまうわけです。いっぱいに回転しているときのテンション
の高さ、能役者の演じる上での緊張感というのはそういうものなんです。

 (中略)

 能舞台という、三間四方の限られた空間のなかで、ふつうの寸法でない距離感をたすため
の三歩。三歩で千里も歩いたことを納得させるというのはマジックですよね。ですから、その
マジックをもたらす身体というのは、ふつうの歩き方では絶対にダメなんですよ。アク
セルとブレーキを同時に踏んでいる状態が、激しく変わるか、ゆっくりと変わるかによって
、スピード感も距離感も違って見えてくるのです。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「身体の使い方」と「文化」
 「背中の感覚 (1)」
 「背中の感覚 (2)」
[PR]
by cute-qp | 2012-01-19 00:00