「化学反応」

 週一回、水泳のKコーチが治療と運動処方にお見えになる。

 呼吸法セミナーにも参加され、他メンバーもびっくりの変化をされている。

 ご自身のことが見えて来ると、教える方達の様子がとても気になって来る。

 今回はそんなセッションの一幕をご紹介↓

 Kコーチ:「〇〇こんな人はどうすればよいでしょうか?」

 春風堂:「まず、その方の様子を想い出し、真似をしてみて下さい」

 K:「こんな感じですね」

 春:「その状態で体はどんな感じですか?いろいろ動かしてみて下さい」

 K:「あ!」

 春:「そこを踏まえ、何故そうしてしまうか?そうする癖や習慣から心や意識の方向をどう
    変えるかなんです。ドリルや公式では対処出来ません」

 K:「生徒さんには〇〇な女性もいてピアノの先生なんです。手はこんな感じで...下半身は
   覚えていません」

 春:「その状態だと指に力が入りません。猫背になり、骨盤はこう開いて、こっちに傾いている
    と感じです。泳ぐと多分、こういうバランスではないでしょうか?」

 K:「そうそう!そういう泳ぎ方です」

 春:「とすると、キチンと音が出せず、特に、左手の伴奏は効きません。リズム感も良くな
    いかも」

 K:「そうなんですか?」

 春:「実際、見てないから正しいか?は分かりません。でも、その状態でこの曲のリズムを
    取ってみて下さい」

 K:「無理ですね」

 春:「こうしてみるとどうでしょう?」

 K:「とれますね」

 春:「この曲ではどうですか?」

 K:「私、リズム感ないから...」

 春:「まあ、得意不得意はあるとして、この状態でどうですか(誘導する)」

 K:「あ、取れた!成る程!」
  
 春:「腰が引けていると本当に腰が引ける感じになります。その状態では物理的にリズムは
    取れないし、それに気付かず”取れないと思い込み”心にふたをしている場合もありま
    す。そのチャンネルを変える。心と体は相関関係なので、そのどちらから合わせて行く
    かが私としては面白いのです」

 K:「そこをどう見極めればよいでしょう?」

 春:「”まず、自分を客観的にトレースし、管理する”ことしかありません。その範囲でしか周囲
    をイメージし、対処出来ません。私も目下勉強中です。」
 
 ↑以上、引用終わり。

 セッション中、交わしている会話の内容は、すべて、既に、私が理解していることではない。

 施術やセッションを通し、その時、ふと閃いたり、降りてきたりすることがとても多い。

 そうした「化学反応」を通じ、皆さんとご一緒に学ばせて頂いている。

 とてもとてもありがたい。
 
 「素晴らしいスイマー」になることと「美しく健康」であることは「共通」しています!! 

 企画中のある「単発講座」のキャッチー。

 どんなことが出来るか?学べるか?今から楽しみだ。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2011-11-30 00:00 | バランス運動療法・調整法