「季節の変わり目に」

 今朝、患者さんから尾骶骨を打ち、仰向けに寝られないと連絡を受ける。

 自宅で座ろうとした際、じぶんの思った位置と座る場所の高さがずれ、お尻から落ちた。

 拝見すると確かに、尾骶骨に衝撃が少し残っている。

 尾骶骨はとても繊細な部分。軽傷で良かった。

 それ以上に、下半身、特に、膀胱経の冷えが顕著にみられた。
b0159328_19283571.gif

 「お体を冷やした覚えはありませんか?」

 伺うと、競技用プールで練習していたとのこと。

 競技用は水深が深く、距離は50m。

 水の体積が大きくなり、水温が高いと水が重くて泳げない。

 24℃位で泳ぎ易くなるが、これは普通の温水プールより4~5℃低くなる。

 結果、体の芯まで冷えが入り込み、骨盤の締まりも悪くなっている。

 季節も変わり目、体の感覚が鈍り、代謝が停滞。

 それで、気持ちと体の動きにズレが生じたようだ。

 「温圧施術」を併用し、冷えを取りつつ、骨盤を締め、仙骨・尾骶骨の動きを回復。

 衝撃も和らぎ、仰向けに寝られる様になる。

 9月に入り、まだまだ暑いが昼夜の気温差は大きくなっている。

 夏の疲れも出始めるこの季節、冷えがとても入り易い。

 「あれっ?」と思ったら直ぐケアを。 

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

 (参考)
 「バランス温圧療法」
[PR]
by cute-qp | 2011-09-07 00:00 | バランス運動療法・調整法