「言いたい包帯!?」

 お世話になっている方が指の腱断裂をされたと伺う。

 受傷時期はお盆。

 直ぐ、処置して貰ったが、腱がまだついていないとのこと。

 部位の血行にもよるが、4週近くになるので、お越し頂き、状況を拝見。

 アルミとテープでの固定...しかし、成形と固定肢位が!?

 まず、患部の状態を確認し、アルミを成形し直す。

 次に、患部とその周囲の関節を安静固定する為、「包帯固定」を行う。

 「アルミ」・「グラス」・「テープ」等、開発のお陰で、固定は簡単・便利になった。

 一方、用途が限定され、固定のバランスや繋がりは「道具に引きずられる」ことに。

 当然、バランスを見落とし易くなる。

 包帯の巻き方を知らない方も多いと聞く。

 包帯は「道具」であり「技術」だ。

 練習する程、「優れモノ」なのに気付く。

 昔、面白くて柔術活法や西洋の古典包帯法も研究した。

 とても役に立っている。

 正に、「固め技」だし「バランス運動療法のひとつ」だと想う。 

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

 (参考)
 「ヒポクラテスの精神」
[PR]
by cute-qp | 2011-09-06 00:00