「触れて感じる習慣」

 「集中力」と「観察力」、「イメージ」を養うのに、

 「触れて感じる習慣」をおススメ。

 まず「じぶんのふつう」に気付ける(参照:「気付くまで難しかったこと」)。

 例えば、デスクワークが続いた時、お尻や背もたれの触覚を感じる。

 痛いところがあれば、そこに触れて意識。

 「こわばり」や「弱さ」、「アンバランス」が「今のじぶん」を教えてくれる。

 その状況に触覚を働かせ、バランスさせると、好転することが多い。

 「目的(治そう)」や「欲(治したい)」は「触覚」を「思考」にすり替る。

 だから、うすらぼんやり、今の「触覚」を感じ続ける。

 慣れてきたら、日常に取り入れてみる。 

 五感のベースは「触覚」(参考参照)。

 次第にじぶんなりの「集中」や「観察」、「イメージ」の仕方が分かってくる。

 個人差があるので後は是非、お試しを。 
b0159328_2115150.jpg

バランス運動療法(Balance Movement Therapy)春風堂♪

(参考)
 「脳みそが汗をかく」
 「人間の感覚」と「触覚の本質」
 「感応」と「意識」
 「人間を形作るもの」
 「マニュアルでなく機会やヒント、愉しみを」
[PR]
by cute-qp | 2011-06-11 00:00 | バランス運動療法・調整法