「日々、変化・バランスする」

 経済において「流動性を上げる」ことは大切。

 同じく「自分の流動性を上げる」ことも大事だと思う。

 気持ちも体も滞らせない工夫が必要。

 緊張と緩和。

 吸うと吐く。

 締めると開く。

 どちらか「一方」でなく「相対」の中に流動性は生まれる。

 「呼吸」はその最たるもの。

 吐いた分、吸える。

 均等に広げると均一に締められる。

 上手く緊張すると上手く緩められる。

 その兼ね合い・度合いが「流動性」の良し悪し。

 春は心もウキウキし、体も動き易くなる。

 逆に、落ち着きや集中力に欠け、体も締まりにくくなる。
 
 季節は巡っている。

 自分も日々、変化・バランスしよう。 
b0159328_2305991.jpg
 
バランス運動療法(Balance Movement Therapy)春風堂♪
[PR]
by cute-qp | 2011-05-14 00:00 | バランス運動療法・調整法