「転んでもただ起きない!?」

 先ずは、コチラをご覧下さい↓。

脊椎固定術を受けた慢性腰痛患者では予後が不良

 慢性腰痛の治療のために脊椎固定術を受けた患者は、非外科的治療を受けた患者に比べて
永久(永続)的な身体障害に至る比率の高いことが、新しい研究で明らかにされた。

 研究では、米オハイオ州で1999~2001年に職務中の損傷により慢性腰痛となった労災
認定患者の中から、脊椎固定術を受けた患者725人、運動や理学療法などの保存療法を受け
た患者725人を無作為に選出。2006年の研究終了時、治療成績(アウトカム)のほとんど
の項目で外科手術群の方が劣っており、2年後に職場(仕事)復帰していたのは手術群では
4分の1、非手術群では3分の2だった。永久的な障害に至った患者は手術群では11%、
非手術群では2%であった。

 オピオイド系鎮痛薬の使用を継続していたのは手術群で約85%、非手術群で49%であり
、手術群では1日のオピオイド薬使用量が41%高かった。また、手術群の36%に髄膜炎、
腎不全、死亡などの合併症がみられたほか、再手術率は27%であり、3人は4回の再手術
を受けていた。仕事を休んだ総日数も手術群の方が多かった(1,140日対316日)。

 筆頭著者の米シンシナティ(オハイオ州)の職業医学医であるTrang H. Nguyen氏(研
究当時はシンシナティ大学医学部在籍)のTrang H. Nguyen氏は、「脊椎固定術を実施す
る前に慎重な評価を行う必要がある」と述べている。脊椎固定術は、隣接する脊椎骨を1つ
に固定することによって背部の変性症状を治療するもので、1990年以降220%増加してい
るという。「今回の知見は、これまでの研究と一致するものであり、新しいものではない」
とNguyen氏は付け加えている。

 同氏は「今回の研究対象患者の多くは椎間板変性疾患、椎間板ヘルニアまたは神経根疾患
であったが、脊椎が不安定、重度の脊椎骨折、癌(がん)または極めて重度の椎間板ヘルニ
アなどの症状を有する患者では外科手術が有効である場合もある」としている。研究は、医
学誌「Spine(脊椎)」2月15日号に掲載された。

 今回の研究について、ある専門家は手術群と非手術群との比較が同一条件で適正に行われ
たのかどうかについて疑問を呈している。一方、別の専門家は、手術群の治療成績が不良と
なる因子があったとは考えられないとして、「慢性腰痛には柔軟性や強度を増加させる理学
療法を中心とした治療が最善である」と述べている。

 ↑以上、引用終わり。

[2011年2月23日/HealthDay News]
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.より引用。

 人間の体構造やその働きをつぶさに見て行きますと、骨・筋・内臓・脈管・神経などに
関わらず、それぞれが関わり合ってバランスをとり合い、「ホメオスタシス」を保ってい
るのが分かります。

 なので、「愁訴」と言うものも、その多くは「バランスの崩れ」が原因になっている様
に思います。

 今回の記事にある「慢性腰痛」も、元々は「体のアンバランス」が原因にあり、その状
態が「解消されない」ケースが多いのかもしれません。

 実は、私自身、腰椎椎間板やソケイ部の「ヘルニア」を持っていました。

 けれど、身体のバランスを改善するに従い、出ているものが「元の位置にへっ込んで
(収まって)」痛みも無くなりました。

 20代前半には、事故で、両膝の半月板と側副靭帯を見事に損傷しました。

 40代になり、年齢的に瞬発力は落ちましたが、体の動かし方とバランスを工夫する事
で、事故以前よりも身体パフォーマンスは格段に向上しました。

 「転んでもただ起きない性格!?」

 なので、これをシンプルに固定し、「バランスが制限される」影響の大きさをイメージ
してしまいます。

 勿論、記事にある様な重度の骨折や癌である場合など、手術が必要な事がありますし、
有効だと思いますが、多くの場面において、「その前に出来る事」があるかもしれません。

 「転んでもただ起きない!?」、「七転び八起き!?」...「バランス運動療法」の施術者と
して、少しでも、そのお役に立てればと思います。
b0159328_21213045.jpg

               この子は「固定されている」のでしょうか?

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「バランス運動療法 春風堂♪」
 「バランス運動療法 春風堂♪」の「運動処方」
 「神経訓練法としてのセンタリング呼吸法 "改訂版"」
 「身体の声の聴く」
 「何故反応しなくなるのだろう?」
 「バランスを"抗する"って?」
[PR]
by cute-qp | 2011-03-09 00:00 | バランス運動療法・調整法