重心を下げる一方で、ヒップアップする

 「ようこそ能の世界へ―観世銕之亟 能がたり 」観世 銕之亟 より引用・掲載致します↓。

 よく日本の芸能では、「腰を入れる」という言葉を使うんですね。お相撲なんかもそうです
けれど、腰を入れるっていうのは、重心を下げる、という意昧合いになるのですが、でも、た
だ下げただけでは腰が落ちてしまう。私が長年やらせていただいて感じるのは、そうではなく
て、重心を下げる一方で、ヒップアップするという関係が必要なのです

 たとえばファッションモデルなんかの場合ですと、美しく歩くためにはヒップアップがきち
んとできていないとダメだそうですが、能においてもそのヒップアップは非常に大切なことな
んです。つまりアップするっていうことは、腰を吊り上げてしまうわけです。バランスのいい
構えというのは、大地から引っ張られる力と、天に向かって引き上げられる力とが
拮抗することですから、うまい方っていうのは、決して腰が落っこちていないんですよ。


 これは余談ですけれど、京都に日本舞踊の井上流というのがありますが、これは完全に腰
を下げるんですよ。女性のからだつきでやるからかもしれませんが、あれは絶対に女でない
とできないですね。男の場合はヒップアップしないとダメだと思うのね。ヒップアップする
ことで集中度が高くなる。力が一点に集約されるから、なにかを訴えかけるというのに非常
にいいポーズではないのか、と。


 からだの扱いで、私が兄貴(観世寿夫)なんかとよく話していたことは、「アクセルを踏み
ながらブレーキを踏む」という状態、立ったときに、そういう関係をからだの内につくらな
いといけないということなのです。それをやると、均衡がとれた能の立ち方になるんです。


 それは、世界宇宙のなかに立って、前後左右から無限に引っ張られているなかに、
拮抗して立っている存在感。その緊張感があるからこそ、精一杯の力を発することが
できる、ただ立っているだけではダメなのです。


 立つことのなかに、アクセルを踏めば時速百キロはでるというスピード感を自分にかけ
ておいて、しかも、ブレーキを踏んで止まっている状態です。独楽がいっぱいに回って
いるときには、まるで静止しているように見える状態と似ていますね。だから緊張が弱く
なると、回転かぶれて止まってしまうわけです。
いっぱいに回転しているときのテンション
の高さ、能役者の演じる上での緊張感というのはそういうものなんです。

 それと足の運び方についてですが、よく日本舞踊の方なんかでもスリ足という言葉を使うし
、能でもスリ足という言い方をする人はたくさんいらっしやるのです。だけど、私が習った先
生方は、あんまりスリ足という言葉は使わなかったんですが、それには意味があると思うの
です。

 たとえば人間が歩いているときに、靴でも下駄でもそうですけど、前が上がらなければ歩け
ないですよね。床にペタッと足をつけて歩いているというのは不自然でしょう。私もスリ足と
いう言い方は好きではないのです。スリ足と言ってしまうと、空疎な形だけのものになってし
まって、どうしても無理がでてしまう。なぜなら、日常的な歩くという行為を越えたところに
運びがあるからなのです。

 「運び」というのは、足を運ぶから運びっていうんですけど、それだけのことではない
のですよ。ある物語とか、登場人物が背負っている状況とか、運命とか、思いとかを、
役者の登場とともに舞台に速んでくる。役者が足を速ぶことによって、時空を超越した
何かが運ばれてくる、だからスリ足より運びという方が、より的確な表現なのですね。


 ですから運びという言い方のなかに、運びによって持続する状態、舞台にもたらされる状態
ということかあるのですが、時によっては、ほんの少し歩くことで何千里の距離を移動してき
た、ということを表わすこともあるのです。

 (中略)

 能舞台という、三間四方の限られた空間のなかで、ふつうの寸法でない距離感をたすため
の三歩。三歩で千里も歩いたことを納得させるというのはマジックですよね。ですから、その
マジックをもたらす身体というのは、ふつうの歩き方では絶対にダメなんですよ。アク
セルとブレーキを同時に踏んでいる状態が、激しく変わるか、ゆっくりと変わるかによって
、スピード感も距離感も違って見えてくるのです。


 ↑以上、引用終わり。

 他、東洋的な姿勢と歩法についてご紹介致します↓。
 「日常を見直す ~立ち居振る舞い~」
 「身体の使い方」と「文化」
 「背中の感覚 (1)」
 「背中の感覚 (2)」
 「呼吸と伸張」
 「日本舞踊と身体 (1)」
 「日本舞踊と身体 (2)」

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2010-12-30 00:00 | バランス運動療法・調整法