「パズルと連想」、「呼吸力」

 この年末から来年に向けての目標です。

「パズル」と「連想」

 新しい考えや行動はそのご本人の中から生まれる。
 自分で兆し、閃いたから自ら行動出来る。
 他人が無理やり押し付けられるものではない。

 ご本人が「不足を補い、欠けたものを埋める」⇔「パズル感覚」。

 当事者が「今、体験している事」や「問題」を起点に「少しのピース(パズルの)とヒント」
を提供(連想ヒント・補助・施術)する。

 「補いたい・埋めたい」...「関心」や「好奇心」に私も「関心を向け」、「ピースの埋まり方
(当事者の中で起こっている事)」から「結論に至れる」様な方向性とバランスを見据える。

 その為の、「観察力」と「引き出し」をどれだけ持てるか?

「呼吸力」の自得・感得

 ・「呼吸」は「自分でするしかない」。 

 ・呼吸の仕方で自分自身の「不足や欠け」、「心理状況」を見据える事が出来る。
 ・呼吸を整えて行く事で、「滞って」いた「リズム」を取り戻す事が出来る。
 ・呼吸を用いる事で、「身体の中から」ピースを埋めて行く事が出来る。
 ・呼吸が自分を「日常」や「習慣」から一旦、「乖離」させ「リセット」、「チューニング」
  「変化」する機会を与えてくれる。
 ・呼吸は自他との調和や同調を生む。

 他、いろいろあると思う。

 「呼吸力」の可能性をどれだけ自得・感得出来るか?

(総じて)「自利行」

 千日回峰の内、700日は「自利行(自分を高める為の修行)で、残りの300日余りが「化他行
(人のお役に立つ為の修行)」だそうです。

 阿闍梨さんに伺いますとこの700日は「自問自答」させて頂いた日々であったとの事。

 「化他行」する力を身に付け、「行を満ずる」基礎となる時期でもあるそうです。

 心に刻み、私も「自利行」に励みます。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「連想ゲーム」
 「関心を持つ 視座を変える 気長に愉しむ」
 「様々なアプローチ」でひも解く⇒「感覚が開ける」
 「我は木偶なり お神輿なり」
 「知識」と「知恵」
 「セルフコントロール」と「ビジョン」
[PR]
by cute-qp | 2010-12-10 16:00