「土台づくり」は身体の内側にも影響する

 バランス運動療法 春風堂♪ では、「膝・腰・肩痛、外反母趾」などを、その原因と
なる「身体の土台からの歪み」から調整する為、「足・膝・股関節からの施術」を基本
としています。

 そして、この「土台からの施術」は身体の内側で起こっている「循環活動」や「代謝」
にも念頭においた施術なんです。


 先ずはコチラをご覧下さい(ふくらはぎをもむと超健康になる:大谷由紀子 著より引用)↓ 

 心臓はポンプの役目をしてように収縮して、心臓の中の血液を動脈に押し出し、拡張して静脈
から血液を受け入れる。このポンプ作用は心臓壁を構成している心筋という筋肉によって行わ
れる。足を動かさず寝ていても心臓に血液が戻ってゆくのは心筋の働きがあるからだ。

 ただ、心臓よりも下にある下腿部の血液は心筋の力だけで心臓に戻すのには無理がある。
そこで”ふくらはぎ”が心臓の働きをサポートして、下半身の血液を心臓にスムーズに戻して
くれる。

 静脈には血液の逆流を防ぐ弁があり、血管の収縮・弛緩に応じて弁が開閉する。ただし、そ
れには手足の筋肉の圧力が必要である。

 静脈の周囲の筋肉を収縮・弛緩させることで、静脈に圧力をかけてポンプ作用を促す。

 心臓から最も遠い足の下におりていった血液が再び心臓に戻るのには、ふくらはぎの筋肉が
しっかりと収縮・弛緩して、力強いポンプの役割を果たすことが重要なポイントになる。

 ↑以上、引用終わり。

 「静脈瘤」の方の足を拝見して思うのが、「足首」の使い方が悪く、膝も突っ張り、「ふく
らはぎ」が「ポンプ」の役目を果たしていないケースが多いという事。

 よって、身体が「血液を何とか送ろうとして、通路をより沢山確保しよう」と血管を細かく
作り、「瘤」の原因になっています。

 また、「冷え性」の方の多くも足首が上手く使えていない場合が多い様に思います。

 そこに、「冷やしたらダメ」との想いから、常に「厚着」をし過ぎ、皮膚がそうり(換気)
機能をさぼって「毛穴が開きっぱなし」になって、余計に冷え性を助長しているケースも少な
くありません。

 他、お仕事で「立ちっぱなし」や「座りっぱなし」の方の「むくみ」の原因にもなり、
場合によっては「静脈血栓塞栓症」に至る事もあります。

 そこで、土台としての「足・膝・股関節」を整え、この「ポンプ」が正常に稼働する様に
意識しながら施術しています。

 また、「運動処方」では「もむ」だけでなく、「ポンプを自分で動かす・機能させる」事
が大切に思いますので、「足首や膝の使い方」、「骨盤時計」などを体験して頂きつつ、
「土台づくり」のお手伝いをしております
b0159328_1231435.jpg
b0159328_1232221.jpg

             並べてみますとイメージがし易いかもしれません

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「歩みにも 深き習の 有るぞかし」
 「慢性」とはいうものの...
[PR]
by cute-qp | 2010-11-19 14:00