「バランス」の中で「中心」を確立する

 斎藤 孝著「呼吸入門」より引用・掲載致します↓。

 ただ余分な力を抜けと言われても、よく分からない方も多いでしょう。逆に、どこになら力を
入れてもよいかという点で見ていけば、非常にクリアです。

 からだには、どんなに力を入れても他の部分が力んでしまうことがない場所があります。
エネルギーをいくら溜めても害のない場所。それは臍下丹田です。

 そこに意識を置けば、力まないで集中した状態が得られる。気分の悪い時でも、気分のいい
状態を取り戻すことができる。ざわついた気分の時でも落ち着くことができる。いろんなもの
を調整してくれる場所です。

 言い替えれば、臍下丹田に力を入れる状態というのは、からだのいろいろな力みをそこに流
し込んでいくことになります。そうすれば、肩であろうと、首であろうと、あるいは手の先の
力みであろうと、どこかが強張って動作を妨げるということかありません。

 臍下丹田で力を吸収してしまえば、自然体になることができます。自然体とは、リラックス
してなおかつ集中した心身の構えのことです。ただの脱力ではありません。

 からだの力みを逃がす場所ということから、私は、〈力みの避雷針〉と名付けています。

 そんな避雷針は、もう一箇所あります。

 以前、プロゴルファーの横田真一さんとゴルフ雑誌で対談した時に、トーナメントでここ一
発が勝負どころといった大事なショットになった時、いつも手に力が入ってしまうという話を
されていました。

 ある時、左足を地面にめり込ませるぐらい強く踏み込ませてショットを打ったところ、力ん
でいた手の力がすっと抜けてナイスショットとなった。それでコツをつかみ、結局、その試合
で優勝することができたそうです。

 臍下丹田と同様に、足の裏にもそういった〈力みの避雷針〉の役割を果たすところがありま
す。足の親指の付け根あたりがそうです。

 「真人の息は腫を以てし」。つまり、徳の高い人間は足で呼吸するという荘子の名言があり
ますが、これは足の裏のそのスポットに、うまく力を流し込めた成果だと言えます。

 結局、この二つの避雷針は何を示しているかというと、からだに中心軸を作ると力みが抜け
るということです。軸をはっきりと持つことで、その他の部分の無駄な力がどんどん抜けてい
く。

 自分の中に、丹田なり、垂直軸なり、足の裏なり、中心だと感じられるものを確立するとと
ても楽になります。

 そして例えば、地球の中心と自分の頭のてっぺんとが真っ直ぐにつながってくる垂直感覚を
持ってみる。地球の重力をしっかり感じつつ、意識を遠くに放つことによって、自分の中心と
いうものに線を引く。

 この感覚は野口三千三も「おもさに貞く」と表現しています。重さを感じるということが大
切ですと。

 自分のからだを内側に閉じたものというようにはしないで、地球の中心というものに開いて
いく。垂直な力の軸が自分の中心を貫いているとイメージする。なぜ意識を遠くに放つかと言
ったら、一メートル先の地面を見て自転車をこぐのと百メートル先の目標を見るのとでは、か
らだのぶれが全然違うようなものです。

 そうすると意識は大きく解き放たれて、からだは真っ直ぐに安定しやすくなるのです。

 ↑以上、引用終わり。

 「丹田」とか「垂直軸」、「足の裏」などそれらしい言葉を並べられると、どうしてもその
「表現」に帳尻を合わせてしまいそうになります。

 ご指摘に間違いないだけに「捉え方」を間違うと誠に性質が悪い。

 大切なのは、文中にある「中心だと感じられるものを確立する」と言う事だと思います。

 例えば、「丹田」は「腹(の中心!)」とイメージされますが、実際は「呼吸」と「パッキング」の
感覚
でお話致しました様に、「下腹部と腰部のバランスする一点」だと思います。

 その要所・バランス点を中心に身体を形成して行くと、「垂直軸」が出来て来たり、「足の
裏」の感覚が大切になって来るの訳です。

 従って、これら「要訣」は「バランス感覚の中に像を結ぶ有り様」だと言えます。

 その観点から、斎藤先生の仰るように、「自分の中に先ず絶対軸を意識するのではなく」、
「呼吸」とその「バランス」の中に「中心点」を意識し、「軸を形成する」意識で春風堂は
やっております。

 「バランスする点」にある「軸」だから本当の意味での「避雷針」になる訳ですね。

 そう言えば、昨夜、観照塾で「八段錦」や「四股」を練習しましたが、「形」を意識して
行うのと「バランスと呼吸」に意識するのとでは全く結果も効用も異なると思いました。

 それにより「味わう」、「感じる」、「意識する」観点が違ってくるので、少なくとも治療
に必要な感覚だと思います。
b0159328_152114.jpg

b0159328_1512304.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2010-09-12 17:00