"生きた人"を"みる"医療 ~ 東洋医学の世界 ~

 先ずはコチラをご覧下さい↓

甘味感じる細胞、膵臓にも 糖尿病治療に役立つ可能性

 舌にある甘みを感じる細胞(甘味受容体)が、膵臓(すいぞう)にもあることを、群馬大
生体調節研究所の小島至教授と中川祐子助教の研究グループが突き止め、7日(日
本時間8日)、米国の科学誌プロスワンに発表した。糖尿病治療に役立つ可能性があ
るという。

 膵臓にはβ細胞と呼ばれる細胞があり、糖を分解し、インスリンを分泌して体内の血糖
値を調節することが分かっている。甘味受容体が膵臓にあることは、かつて一部の学者
が唱えていたが、小島教授らは08年に研究を始め、マウスのβ細胞に甘味受容体と同
じ塩基配列の遺伝子があることを発見した。

 舌の甘味受容体は甘みを感じる機能しかない。だがβ細胞にはインスリンを分泌する働
きがあるため、受容体への刺激が分泌を促している可能性が高いと結論づけた。

 糖尿病になるとβ細胞は糖を分解せず、インスリンを分泌しにくくなる。膵臓にも大きな
負担がかかる。このため食事療法で糖を制限する治療方法が一般的だ。だが、今回発
見された甘味受容体に特定の化合物で刺激を与えれば、甘みを感じるだけでインスリン
を分泌することが分かり、膵臓への負担が少なくてすむという。

 小島教授は「今後の研究で、β細胞の甘味受容体をうまく刺激できれば、糖尿病の新た
な治療方法となる可能性がある」と期待する。

 順天堂大の藤谷与士夫准教授(代謝内分泌学)は「β細胞に甘味受容体があることは
聞いたことがなく、興味深い発見だ。この受容体を刺激することを目的とした糖尿病の新
しい薬の開発につながる可能性がある。ただ、人体のなかで受容体がどのような働きを
しているのかは、今後の研究が待たれる」と話している。
(渡辺洋介) asahi.com 2009年4月8日14時4分

 ↑以上、引用終わり。

 この記事を読みました時、「え?今頃?」と少し驚きました。と言いますのも、「東洋医
学」では既に数千年前からの「常識」であったからです。

 ちょっとコチラをご覧下さい↓
b0159328_1217782.jpg

 「東洋医学」で用いられる「五行」と言うものの概念を図にした「五行色体図」を抜粋し
たものです。

 ここに赤太字で「」と言うのがありますが、この分類に西洋医学の分類の「膵臓」
が入り、その九行下に「」とあるのがご覧頂けると思います。

 この様に、私達の素晴らしい先達はその事実を優れた感覚から知っていたのですね。

 では何故、日本でこの叡智が活用されなかったか?少しお話致します。

 昔、オランダから入ってきた西洋医学の解剖学書を初めてみた漢方医は、実際に解剖
を行い、漢方で言い伝えられてきた解剖学的なものが目の前の事実と違うことに気付き
ます。

 「それじゃ、ダメじゃん役に立たない」って思ってしまった事が第1の原因。

 そして、第2の原因は、皆さんご存じの通りで、この西洋の叡智を早急に翻訳し、取り入
れようとした中で起きました。

 その翻訳に際し、自分達の使っている「用語」や「言語」を異なる「概念」に用いた為、東
洋医学の持っていた概念が西洋医学のものとすり替わってしまったのです。

 結果、今日、西洋医学の考え方で東洋医学を見ても、「古典的」、「宗教的」、「非科
学的」にしか見えず、理解しがたいものとなりました。

 第3の原因は、明治維新における「廃仏毀釈」や「近代化」などと同様の政策・名目で、
「漢方」も「西洋医学」に駆逐されて行った経緯にあると思われます(日本人って常にど
ちらかに偏る傾向にありますね)。

 そこで、改めて両者を簡単に比較・説明します。
 
 先ず、東洋医学の言う「五臓六腑」は、解剖学的な「臓器」だけを指すのではなく、人
体の「機能」や「働き」を作用系として体系付けたものです。

 例えば、「胃」や「脾」と言う「範疇・概念」は「十二指腸」や「すい臓」も含まれ、「飲食
物から生きていく為のエネルギーを作り出す重要な"働き"とそれを担う"臓器"を"一
系統"」として捉えられています。

 この様な「機能」や「働き」というのは生きている人間だけにあるものであって、死体
にはなく、解剖しても、それらを見出せるものではありません。

 この様に、人の心と身体の「働きや作用」をとことん追求した結果、「実証的概念」の
集約が「東洋医学」だと言えます。


 一方、西洋医学は死体を解剖しつつ、臓器の位置を確認し、その働きを分析(生理学)
、そこに生じる「病気」の分析(病理学)と言う過程から生まれました。

 従いまして、両者の寄って立つ人体の捉え方が全く異なる訳で、ここに翻訳の難しさ
や弊害があり、今日、皆さんをチンプンカンプンにしている原因となりました。

 そこで、もう一度、この違いを意識して、五行の図をみますとあら不思議!...自分の
中にそこに書かれている様々な事が見えてきます。

 勿論、「概念的」なものなので、全て当てはまるものではありません。

 しかし、「物事を見る1つのものさし」として用いますと、人間の心と身体を大局的に見
る素晴らしいツールである事が分かります。

 更に、これらのバランス関係を「陰陽」や「五行の相生相克」で見ていくと、より
「マクロ(大局)」や「立体的」に物事の全体像がみえてきます。
b0159328_199771.gif

                          「陰陽」
b0159328_19103532.gif
b0159328_19105452.gif

      「相生」                        「相克」

 尚、同じ思想・考え方の元、「自然」や「森羅万象」の「働き」を見た結果「易」や「風水」
、「天文」などが生まれて行った過程があります。

 そんな「東洋医学・哲学」の考え方を春風堂はベースとしています。

 ちなみに...東洋と西洋がお互いの良い所を「補完する医療」と言うのは分かりますが
、「代替」と言う表現はどうかな?と思っています(笑)。
[PR]
by cute-qp | 2009-04-10 00:00