自分を知ることからすべては始まる

今日はコチラの本からご紹介致します↓。
b0159328_2142134.jpg

                 現役力 工藤公康/著 PHP研究所

 ちょっと気分を入れ替える必要があった日曜日の夜、何となく、新聞の書評・宣伝に目が
止まり書店で手にした本です。

 先日、ご紹介致しました"セルフマネジメント"の愉しさの朝原宣治さんの著作と同じく、
インタビューを元にした新書本がこの所の流行の様ですが、ざっと目次に目を通し、気分
転換した次第です。

 以下にその「目次」を引用・掲載致します。青字は春風堂の個人的な関心事です↓。

第1章 はじめから「プロ」の人間なんていない

 野生の目を失ったらプロとして終わり
 自分の甘さを知ることからすべては始まる
 「俺はできる人間だ」と自分の心をごまかしてはいないか?
 勘違いから早く脱した人間だけが社会で生き残れる
 変わるんじゃない、自分で変えるんだ
 「フォア・ザ・チーム」が逃げ口上に使われていないか?
 少々のケガでは休まないプロ意識
 「休んでいい」と言われるのをどこかで待ってはいないか?
 自分のために他人に情けをかけておこうとするのは悪知恵
 人に見られていると思えばズルはできない

第2章 自分を変えてくれるメッセージ

 「知ろうとする、理解しようとする」意欲が広がっていくワクワク感
 練習スタイルが大きく変わったきっかけ
 限界を自分で勝手に決めてはいないか?
 「野球しかない」と決意せざるをえなかった生い立ち
 ひたすら反復練習に明け暮れた少年時代
 現役最年長投手を平気で叱ってくれる妻
 結婚が自分のしたいことを堂々とやる理由づけを与えてくれた(!:春風堂)
 ぼくを突き動かしてくれた「たかが野球選手」という言葉
 思いを言葉にする努力
 厚みのある分析力を身につけるために欠かせないこと
 必要なときに必要な言葉をかけてあげられる人間でありたい

第3章 変えるために気づくことの大切さ

 気づくこと、それが未来を分ける残酷な境界線
 相手の「心」に気づかせてあげるのは難しい
 「コーチにづぶされた」んじゃなく「自分でつぶれただけ」
 友だち感覚では負け組意識がこびりつく
 強くなるためだったら嫌われるのも怖くない
 好き嫌いで判断する人間は絶対によくならない
 もっていい自尊心、もってはいけないプライド
 生き残るために必要な謙虚さとは
 危機感がプロ意識に拍車をかける
 勝利への執着心より大切なもの
 他者の評価が誤った自己イメージを正してくれる
 弱者が強者に勝つために

第4章 正解は1つじゃない

 人に聞く前に、自分で考えなさい
 正解を求める前に、自分の感覚を認識しなさい
 説明はしても答えはあげない
 試してみなければ、ほんとうに考えたことにならない
 他人とくらべる視点から脱却せよ
 応用力とは引き出しの数と使い方
 最後は自分で選択するしかない
 「何のために」と疑問をもってはいけない場面もある
 限界を超える経験をしてはじめて開花する「火事場のバカ力」
 挫折をしてもストレスだけはためてはいけない


第5章 いつも心にクエスチョンを

 ぼくの夢
 将棋や卓球が身体能力を伸ばす
 「考える」のは頭だけの仕事じゃない
 「□+□=□」の指導法
 心にクエスチョンをもつ習慣

 シーズン中に全国津々浦々で野球教室を
 身体の使い方を正しく教えられる指導者がいない
 野球の指導者に資格制度をつくるべし
 現役を辞めたら大学に行きたい
 環境を利用する力

 ↑以上、引用終わり。

 如何せんインタビュー本は内容が良くても一冊の本にするには内容を深くし辛く、「章立て」
で何とか保っている感がある(笑)ので、「引用しよう」と思うと「丸々一冊?」のノリになってし
まい...「目次」を引用した次第です(笑)。

 詳しいことは、是非、著作を参照下さいませ。

 同じ企画のノリで「注目株」の「内容を少し濃く」、「早く」、「安く」、「リスクが少なく」に販売
する手法が「対談」となるのでしょうか?...最近の出版スタイルを見てそう思います。

(参考)
 「呼吸が変わる 姿勢が変わる 生き方が変わる」
 「身体の声の聴く ~自律神経による治癒反応~」
 「先ずは自分が変わる」
 「神経訓練法としてのセンタリング呼吸法 」
 「相対神経訓練法 ~治療や介護から日常へ向かって~」
 「夢の途中 08/08/23」
 「エンドゲイナー度」チェック!
 発想法カルタ抄
 バランス感覚と修正力
 「セレンディピティ」と「過程力!」
 フサオさんも努力し工夫する 
 もうひとりの自分の目で見る
 自分をサボらない
 日々のメニュー作り ~コーディネイト力~
 中心を観じる
 「美容と健康」には「ヒミツ!とドリョク!」が必要
 「質問にお答えして ~補正下着について」
 「正しい・正しくない」でなく、「感じる・感じない」
 日常を見直す ~立ち居振る舞い~
 自分とどう付き合うか? ①
 自分とどう付き合うか? ②
 私は「主人公」
 先ずは自分自身を感じることから...
 "意味"や"原因"を"どこに"観る?
 日常生活・仕事環境を見直し、改善する
 すべては自ら確かめよ ~己こそ己の寄る辺~
 ”筋肉は「感覚系」?!”
 「水の中で骨盤時計」
 「水の中の瞑想」
 「日々の前提作り」 
[PR]
by cute-qp | 2009-03-18 00:00