"セルフマネジメント"の愉しさ

 今日はコチラの本からご紹介致します↓。
b0159328_19563596.jpg

                    朝原 宣治 著:幻冬舎新書

 ふと、書店で目に付き、「目次」と「前書き」を見て購入しました。

 先ず、その「前書き」を引用、ご紹介致します↓。

 本書では、僕が36歳で念願の銅メダルを手にするまで、どうやって体力、精神力、そし
てモチベーションを維持し続けてきたのかを記しました。

 その要素は大きく3つに分けることができます。

 1つめは、積極的に海外に飛び出していったこと。1995年からはドイツで、2001年から
はアメリカでトレーニングをしました。高いレベルに身を置くことで、本場のトレーニング
方法を学ぶのと同時に、自分の意識を高く保つことができました

 2つめはセルフマネジメントを続けてきたこと。コーチのメニューに従って練習していたこ
ろも、常に自分で練習メニューや動きの意味を考え続けていました。帰国後に自分で
トレーニングプランを考えるようになってからは、従来のやり方に満足しないで、新しい
方法を模索してきました
。つまり、他人任せにせず、自分自身で肉体をマネジメント
してきたのです


 3つめはフォームよりも、自身の体の「感覚」を重視したことです。それは学生時代
に始まって、ドイツ留学時代に研ぎ澄まされました。感覚がわかってくると、練習メニュ
ーも工夫できるようになります。そして、最終的な僕の走りのコンセプトである「体
の中心から動かす走り」に行き着きました。


 ↑以上、引用終わり。凄いですね。コチラは目次です↓。

 第1章 いかにして重圧に打ち勝ったか
  これまでに経験したことのないプレッシャー
  プレッシャーの理由
  予選後に入ったアイスバス    ほか
 第2章 ケガによって訪れた転機
  変わり続けた練習方法
  海外への憧れと、ドイツ留学
  勢いだけで準決勝に進出したアトランタ   ほか
 第3章 早く走る体のメカニズム
  “中心から動かす”ことに気づいたシドニー
  ダン・パフとの出会い
  エネルギー配分の重要性    ほか
 第4章 衰えない体をつくるトレーニング
  ウェイトトレーニングは必要か
  アメリカとドイツのウェイトトレーニング方法の違い
  冬季トレーニングのミスで敗退したパリ世界陸上   ほか
 第5章 自分の体は自分でマネジメントする
  セルフマネジメントの楽しさ
  ドイツで100mが強くなった理由
  コーチ依存型の多い外国人選手    ほか
 第6章勝つためのメンタルコントロール
  シミュレーションはレースの1週間前から
  レースにおけるメンタルコントロール
  集中力の高め方①スナッチの共通点    ほか
 第7章 魂のバトンと引退を決めた理由
  思いを引き継ぐ
  ライバルは心強い仲間
  大阪世界陸上後に生まれた迷い    ほか

 最近、よくあります「野球選手」や「棋士」等の新書と同じく、実は本人へのインタビューを
出版社が文章に起こし、「ご本人著」として体裁を整えた形式とお見受けしましたが、なかな
か面白かったです。

 コチラの本と合わせてお読み頂くと面白いか?と思います↓。
b0159328_20182543.jpg

      朝原宣治のだれでも足が速くなる (GAKKEN SPORTS BOOKS)

(参考)
 「呼吸が変わる 姿勢が変わる 生き方が変わる」
 「身体の声の聴く ~自律神経による治癒反応~」
 「先ずは自分が変わる」
 「神経訓練法としてのセンタリング呼吸法 」
 「相対神経訓練法 ~治療や介護から日常へ向かって~」
 「夢の途中 08/08/23」
 「エンドゲイナー度」チェック!
 発想法カルタ抄
 バランス感覚と修正力
 「セレンディピティ」と「過程力!」
 フサオさんも努力し工夫する 
 もうひとりの自分の目で見る
 自分をサボらない
 日々のメニュー作り ~コーディネイト力~
 中心を観じる
 「美容と健康」には「ヒミツ!とドリョク!」が必要
 「質問にお答えして ~補正下着について」
 「正しい・正しくない」でなく、「感じる・感じない」
 日常を見直す ~立ち居振る舞い~
 自分とどう付き合うか? ①
 自分とどう付き合うか? ②
 私は「主人公」
 先ずは自分自身を感じることから...
 "意味"や"原因"を"どこに"観る?
 日常生活・仕事環境を見直し、改善する
 すべては自ら確かめよ ~己こそ己の寄る辺~
 ”筋肉は「感覚系」?!”
 「水の中で骨盤時計」
 「水の中の瞑想」
 「日々の前提作り」
[PR]
by cute-qp | 2009-02-14 00:00