続"他人事"ではないお話

 以前、"他人事"ではないお話で2冊の本をご紹介致しましたが、当ブログをご覧頂い
ている方のお役に立てたとのお話を伺い、とても嬉しく想っております。

 実は、「他人事でなはないお話」は、これも以前ご紹介致しました、自分とどう付き合う
か? ①
でご紹介致しましたヨガの成瀬先生のお話とも深く結びついていると春風堂は
感じております。

 そこで、再度、その出典についてご紹介させて頂きます↓。
b0159328_23592327.jpg

                  ベッドの上でもできる実用介護ヨーガ
                  成瀬雅春 著/中央アート出版社

 通常、ヨガは難しいポーズや柔軟性をイメージしますが、本来的には、少しずつ自分の
できないことを「自己認識」し、「出来ること」から「可能性」を一歩一歩広げて行く「歩み」
で、その一端・一表現・一効果が「リハビリ」になると言えます。

 実際、「ハタヨガ」では「指を一本一本曲げる」と言う様なとてもシンプルな部分から丁寧
に「自己観察」、「自己形成」して行きます。
 残念ながら、それが日本や欧米で一般的でないのは「営業的方法・展開」でないからか
もしれません。

 同書は同時に、介護される人がどれだけ意識を働かせるかにも注目しており、様々な
練習やポーシングを行う際、常に自分自身を丁寧に観察し、意識を働かせ、「意識=モチ
ベーションを高め」て行けるか?を意識した作りになっています。

 また、自分が「介護する側」、「される側」どちらに立っても役立つ内容でポイントやイラス
トと分かり易く、とても他の本に比べるととっつき易い所に成瀬先生の凄さが伺えます。

 そして、時代が時代ですので、ただ「長生き」や「美容と健康」を「願う」のではなく、如何
に「自身の意識を活性し、広げて行くか?」が大切だと春風堂は想います。

 おまけにコチラもご紹介させて頂きます↓。
b0159328_23424078.jpg

               高齢者介護急変時対応マニュアル 完全図解 
           美濃良夫/編著 大田仁史/監修 三好春樹/監修 講談社

 先日ご紹介致しました「新しい介護 完全図解」の続編です。

 容態の急変時に「まず何をすればいいのか」、「してはいけないことは何か」等、
高齢者の「急変時対応」をまとめた緊急対応本。

 本書の発行の背景として、現在、高齢者介護施設で、突然具合の悪くなった
お年寄りへの対応が切実な問題となっており、特に当直・夜勤担当者のこうした
事態への不安は深刻...その反面、彼ら介護関連者が訓練・学習を受ける場は
ないに等しいと言う現状があります。

 但し、そう言った方々だけでなく、高齢化社会を迎え、私達自身が様々な場面
で「緊急対応」を迫られる時代になったと言えると私は思います。

(他、成瀬先生の関連記事)
 心身をつなげる ~ムドラーとは?~
 「楽しい捻挫話」
 身体の柔らかさ≠繋がり・バランスの良さ
 呼吸で"結界"を張る?
 一日一日を懸命に
[PR]
by cute-qp | 2009-02-02 00:00 | 本・CD・映像のご紹介