隣のお庭の風景 ~美容室にて~

 先ずはコチラの記事よりご覧下さい↓。

美容師さんのシャンプーの恐るべき気持ち良さ
yahoo 2009年1月21日 より引用・掲載。

 美容師さんのシャンプーの「手」、欲しいです。

 美容院でシャンプーしてもらったとき、「はぁ~、極楽極楽……」と思わず呟きそうにな
ったこと、ありませんか。

 美容師さんのシャンプーの気持ち良さは、不思議なほどで、自分でマネしようとしても
、どうもダメ。いったいどこがどう違って、あんなに気持ちが良いものなのか。当然、技術
の違いが大きいのだろうけど、具体的にどうすれば?

 渋谷区の美容師さん(20代男性)に聞いてみると……。

 「フツウの人は手全体や指の先でシャンプーしようとするけど、美容師は、手首のスナ
ップをきかせてやるんです。これは美容学校などでシャンプーの勉強を毎日毎日やって
きたからできるものなんですよ」とのこと。

 一般の人の場合、意外と地肌にちゃんと指が届いていないことも多く、また、髪が指に
からまってしまうため、細かく手首を使うのがポイントなのだとか。

 ちなみに、美容師さんが自分の頭を洗っても、やはりそれほど気持ち良くはないそうで、
「やっぱり他人に洗ってもらうのがいちばん! 美容師同士でよく洗いっこしますよ」

 また、同じ質問を杉並区の美容師さん(30代男性)にしたところ、こんな回答があった。
 「やはりポイントは指の力ではないでしょうか? 爪はたてずに指の腹に力をこめて、細
かく手を動かしながら洗うんです。頭皮って鈍感な部分が多いので、結構力を入れてるん
ですよ。ただ、自分でやっても力加減の練習にはなりますが、さほど気持ち良くはないで
すね」やはり他人の手に勝るものなし! だそうだ。

 ちなみに、自分でやるときは、シャンプー用のブラシがオススメだそう。

 「両手で頭全体を包むように指先をあてて、力を入れて円を描くようにゆっくりマッサー
ジしてあげるのも気持ちいいですよ」

 さらに、埼玉の美容師さん(30代女性)は、「シャンプーの極意は、常に指の腹を頭皮
から離さないこと!」と断言。その方法は……。

 「まず顔の前で、バレーボールのトスのときの手の形を作ります。その手の形のまま、
バイバイする要領で、手首にスナップを利かせながら大きく振ります。スナップを利かせ
た動きのまま、左と右の手を、手首から先だけのモンキーダンスのように、交互に動かし
ます。その動きの手を頭に持っていき、頭の丸さを意識しながら、指が頭皮から離れない
ようにこすってみましょう。ポイントは、シャンプーの泡が、豪快に飛び散る事を気にしない
こと。ただし、堪能した後は、お風呂場掃除をしましょうね(笑)」

 これらのアドバイスをもとに、服を着たまま部屋で頭皮をマッサージしてみたら、これだ
けですでに気持ちが良い!!今晩から皆さんもぜひ、ご参考に。(田幸和歌子)

 ↑以上、引用終わり。

 「シャンプー」1つでも、人によって色々な方法があるものですね。

 「医療」は「サービス業」の1つでもございますから、常々、様々なタイプの「サービス業」
の方の「接客」や「工夫」、「営業方針や方法」も観察しています。

 中でも「美容室」ではマスターと仲良しなので、私は「マッサージ」、マスターは「ヘアとフェ
イシャルケア」を交換教授させて頂いています。

 何故なら「健康」と「美容」は「隣り合わせ」ですし、何より「人様に喜んで頂ける」事は
互いに愉しいと思えるからです。

 そう言えば...「美容室」は「コンビニ」や「整骨院」以上の飽和状態になっている為か、
生き残りもの難しいとか...それだけに「差別化」も大切の様で。

 しかしながら、この社会情勢(「不景気」と「規制緩和」)で専門学校に安易に通う学生も
多く、「アルバイト」としてでも、「(人として)使い物にならない」ケースが多かったり、「練習」
や「コンペティション」が「ダミーヘッド」(人形の毛を刈る。人がモデルになっていない。)を
用いる為、技術が使えない等、色々、問題も生じている様です。

 どの業界も大変ですね。

 私も真摯に頑張らねば!!...それには、やはり!!「創意工夫」と「一人一流」ですね!!
[PR]
by cute-qp | 2009-01-22 00:00 | 温故知新