人を引き付ける"呼吸"と"間合い"

b0159328_1938192.jpg

 今日は「前田 知洋」さんの著書を2冊ご紹介致します。

 前田さんはステージとは違い身近で観せるクロースアップ・マジックの第一人者。
 また、パーラー・マジック(サロン・マジック)もこなす「日本で最初のクロースアップ
・プロマジシャン」でいらっしゃいます。

 そのオリジナリティのある演出は日本のみならず、海外からの評価も非常に高く、 スタ
イリッシュな演技と安定したテクニックで演じられるマジックは、その個性と相まって非常
に知的で上品な楽しさと言う印象を与え、 国内外での受賞歴は多いです。

 先ずは、1冊目「知的な距離感」↓。
b0159328_1939271.jpg

 内容ですが...マジシャンにとって一番大切なことは、マジックのタネではなく、観客を喜
ばせ、観客に好かれること...そう言う著者が大切にしているのが絶妙な距離、間合いの
取り方と、空気を読む事です。

 自分にとっても、相手にとっても心地よい距離感の取り方、「プライベートエリア」につい
てマジシャンとして活躍する著者が、その洗練された動きに隠された秘密を明らかにされ
ています。

 2冊目は「人を動かす秘密のことば」↓。
b0159328_19391232.jpg

 前述が、マジシャンにとって一番大切な、絶妙な距離、間合いの取り方と空気を読む力
がテーマでしたがこちらのテーマは「ことば」。

 マジシャンにとって言葉は観客を魔法の世界へ連れて行くための重要なアシスタントで
もあり、時には、観客の気分を良くさせる為に、あるいはマジックの秘密を知られない為、
演技者としてのバックグラウンドや性格を知ってもらう為に言葉は使われ、なおかつ、観客
やクライアントと誠実な関係をつくらなければなりません。

 そんな観点から書かれた一冊。

 妙な心理学者が書いた「心理虎の巻」っぽい本より面白いです。

 人と人との様々なバランスや距離感を感じるのに面白い2冊だと思います。

 ちなみにこんなDVDも出ている様で...お小遣いを貯めて是非買おうと想っています。
b0159328_19463375.jpg
b0159328_19464578.jpg

前田知洋(まえだともひろ)

 1988年、米国アカデミー・オブ・マジカル・アーツのオーディションに合格。
 ハリウッドのマジック・キャッスルなどに出演。
 帰国後、日本ではじめてのクロースアップ・マジシャンとして活躍し、
 近い距離で見せる「クロースアップ・マジック」のブームをつくる。
 ラスベガス、ハリウッド、イギリス、スペイン、ドイツなど海外にも招聘され、
 2005年にはチャールズ皇太子もメンバーである
 英国マジック・サークルの100周年記念祭特別ゲストに。
 同会の最高位であるゴールドスターメンバーを授与される。
[PR]
by cute-qp | 2009-01-23 00:00 | 本・CD・映像のご紹介