"写楽"に"バランス"を観る

 昨日まで「バランス」についてお話致しましたので、お年始の特集、第2弾目は、「姿
勢」や「目線」、「手つき」がどんな風に私達の「バランス」と関わっているか?について
、それをちょっと「誇張した」ものから視覚的に観ていこうと思います。

 今日は「東洲斎写楽」をクローズアップしてみます。
b0159328_1455421.jpg

                三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛
 この様なダイナミックな人物画を構成する「部分」を観てみましょう。

 先ずは手↓
b0159328_1455215.jpg

b0159328_14553046.jpg

b0159328_14553970.jpg

b0159328_1455508.jpg

 次は目↓
b0159328_1456338.jpg

b0159328_14561141.jpg

b0159328_14562153.jpg

b0159328_14563588.jpg

 他、皆さんご自身で色々な浮世絵や絵草紙等を見て頂いても色々な発見があり
面白いと思います。

 次に画面構成です。

 ぱっと見には分かりませんが、色々な矢印や線を入れてみると面白いことが分か
ります。

 私としては、絵の「経絡」のような感じがしています。
b0159328_1511790.jpg

 ↑これに矢印を入れてみましょう↓
b0159328_1513561.jpg

 同じ様な構成↓
b0159328_152370.jpg

b0159328_1521730.jpg
 

b0159328_1523122.jpg

 ↑これにもラインを入れてみましょう↓
b0159328_157877.jpg

 尚、今回の掲載はHP 東洲斎写楽 「あまりに真をかかんとて」より引用させて頂
きました。ご興味のある方はそちらを是非ご覧下さい。
(ちなみに、刀を振っている身としては「手に関する」考察について意見は異なりますが。)
[PR]
by cute-qp | 2009-01-04 00:00 | 温故知新